#

経営支援・事業継承のご相談なら
第一コンサルティング

お問い合わせ

中小企業の経営戦略を
全力で応援します

公認会計士として大企業の監査・コンサルティングに係った経験を、
税理士として30年、個人事業主から中小企業の会計・税務に生かしてきました

#

第一コンサルティング代表
公認会計士・税理士 小峯 勇

私は、日本の工業は、多段階の下請けピラミッド(サプライヤーシステム)の上に成り立っていると考えています。お菓子にミルフィーユというものがありますが、ミルフィーユは薄いパイ生地の層が重なって一つのお菓子になっています。日本の経済システムも、個々の中小企業(=パイ生地)は独立していますが、ばらばらにならず、全体として極めて合理的に一つになっています。

日本の製造業は、メーカーと1次下請けが製品を複数のモジュールに切り分け→2次下請けに出し、2次下請けはモジュールを更に細分化してたサブモジュールにし→3次下請け→4次下請けと多段階に切り分けていきます。

この多段階の製造システムに歯抜けは許されません。アメリカにはこのような多段階の下請けシステムはなく、メーカーの設計部門が小さな部品まで設計して発注しているのだそうです。このアメリカの製造システムは、個人の能力に依存しているので意志統一に矛盾がなく合理的に見えます。しかし、設計変更の時にはモジュール間の連携を探しにくく、設計漏れが出る危険性があります。

商社の商品供給システムも多段階のサプライヤによって成り立っている点でサプライヤーシステムです。

中小企業が日本を支えてきたといわれるのは、まさにこのサプライヤーシステムを支えてきたのが中小企業であったからなのです。

高齢化、後継者不足、人口減少、そしてコロナ禍。

どんな経済情勢になっても中小企業の社長さんや後継者さんは、知恵を絞って現状を打破していって下さい。私たちは応援しています。

ガンバレ、中小企業!!

小峯勇 個人事務所のサイトはコチラ

第一コンサルティングの
主な業務紹介

こんなお悩みをお持ちの経営者様、ご相談ください

#

相続対策

#

事業継承支援

#

タックスプランニング

#

税務対策

#

記帳代行